PR

ニュース 経済

長期金利上昇0・115% 約1カ月ぶり高水準

Messenger

 3日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(351回債、表面利率0・1%)の利回りが前週末終値より0・015%高い0・115%に上昇、約1カ月ぶりの高水準となった。

 日銀が8月31日、長期国債の買い入れ回数を減らす方針を発表したことを受け、国債買い入れ額が減少するとの観測から売りが先行。利回りは上昇した。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である9月きりは13銭安の150円25銭。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ