PR

ニュース 経済

トランスコスモス、「アドテック東京」にダイヤモンドスポンサーとして協賛

Messenger

 トランスコスモス
キーノートにはミーアンドスターズ株式会社 執行役員CSOの北島康介氏 登壇が決定!

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、2018年10月4日(木)、5日(金)に東京国際フォーラムにて開催される「アドテック東京」(運営会社:コムエクスポジアム・ジャパン株式会社)にダイヤモンドスポンサーとして協賛します。

 [画像: https://prtimes.jp/i/183/737/resize/d183-737-457429-0.jpg ]

 「アドテック東京」は、来場者が1万5000人を超える、アジア最大級のマーケティングカンファレンスです。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まります。昨年はカンファレンス来場者と海外来場者が過去最高を記録。アドテクノロジーにとどまらず、それに関連するマーケティングマネジメントも包括し、常に最先端の情報を届けます。

 トランスコスモスは、ダイヤモンドスポンサーとして「アドテック東京」に協賛し、下記のコンテンツを展開する予定です。

 ●キーノート 日時:10月5日 10:40~11:20(観覧無料)
トランスコスモス 取締役 上席常務執行役員兼CMO 佐藤俊介とミーアンドスターズ株式会社 執行役員CSO(Chief Sports Officer:最高スポーツ責任者)の北島康介氏が登壇し、2017年9月に俳優の山田孝之氏と開始した新規事業「me&stars」について講演します。
ミーアンドスターズ株式会社設立のプレスリリース:https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/170905.html

 ●ミニセッション 日時:10月4日、5日 12:00~18:00 各回20分(観覧無料)
トランスコスモスのブースでは、ブースをアイディアやひらめきの生まれる場「idea Stand(アイディアスタンド)」として、「今いちばん聞きたいマーケティングに関するぶっちゃけギモン」をテーマに2日間に渡ってミニセッションを展開します。お客様企業のマーケティング担当者や媒体担当者を招き、成功事例やトレンドなどについて講演いただく予定です。皆様の「疑問」は特設サイトにて事前に受け付けています。また、セッションの詳細も、順次特設サイトに公開します。
adtech東京2018トランスコスモス特設サイト URL:https://www.trans-cosmos.co.jp/adtech2018/

 当日の様子はトランスコスモスのオウンドメディア「trans+」のFacebookアカウントからも配信予定です。
trans+Facebookアカウント URL:https://www.facebook.com/transplusTCI/

 ●リアルサービス体験コーナー
トランスコスモス子会社のグランドデザイン株式会社が提供する生活者と店舗・ブランドをつなぐプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」(https://jp.gotchamall.com/)を体験することができるコーナーを設置します。

 ■「アドテック東京」概要(http://adtech-tokyo.com/
日時: 2018年10月4日(木)-5日(金)
会場: 東京国際フォーラム
参加者数: 15,000人
主催: コムエクスポジアム・ジャパン株式会社

 ※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

 (トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界32カ国・171の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ