PR

ニュース 経済

訪日外国人旅行者4千万人「達成視野」 取り組み加速へ閣僚会議

Messenger

 政府は31日、平成32年までに訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標の達成に向け、観光戦略の関係閣僚会議を官邸で開いた。安倍晋三首相は「目標の達成が視野に入った。残り2年で一気に取り組む」と強調。「西日本豪雨による影響を一刻も早く回復する必要がある」とし、風評被害を払拭するための情報発信や旅客誘致の促進を指示した。

 会議では観光庁が、24年と比べ29年の訪日客数が3・5倍、消費額が4倍、地方での延べ宿泊者数も4倍となったことを報告。閣僚らは、地方誘客の強化に取り組む必要があると確認した。

 西日本豪雨なで落ち込んだ客足の回復が課題となる中、中四国の観光関係者からヒアリングを実施。「せとうち観光推進機構」(広島市)の村橋克則事業本部長は、豪雨で被災した11府県への旅行者に宿泊費を補助する施策に関し「府県をまたいで2カ所以上に泊まる必要がある」としている条件の緩和などを求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ