PR

ニュース 経済

アルゼンチン60%に緊急利上げ 通貨ペソ急落、新興国売り

Messenger

 アルゼンチンの中央銀行は30日、通貨ペソの下落が続いていることを受け、政策金利を15%引き上げて60%とする緊急利上げを発表した。異例の高利率でペソ安を食い止める狙いだが、ペソは一時、1ドル=41ペソ超と史上最安値を更新した。

 アルゼンチン中銀は8月13日に金利を45%に引き上げたばかり。少なくとも12月までは現在の金利を下げることはないとしている。現地からの報道によると、中銀によるドル売り介入にもかかわらず、30日は前日比12%安の38ペソ台半ばで取引を終えた。

 アルゼンチンのマクリ大統領は29日、国際通貨基金(IMF)が6月に承認した融資を、前倒しで実施することで合意したと発表。IMFのラガルド専務理事は声明で「融資プログラムの実施時期について再検討するようスタッフに指示した」と述べたが、通貨安に歯止めは掛からなかった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ