PR

ニュース 経済

カヤック、株式会社電通、株式会社博報堂アイ・スタジオ 日本マイクロソフトのAIマーケティングソリューションにソリューションパートナーとして参画

Messenger

 株式会社カヤック
「Rinna Character Platform Microsoft」の提供開始

 株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、日本マイクロソフト株式会社が提供する、ソーシャルAIチャットボットである女子高生AI「りんな」のテクノロジーを応用した新たなAIマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」に、株式会社電通、株式会社博報堂アイ・スタジオと共に、ソリューションパートナーとして参画いたします。

 ■女子高生AI「りんな」のテクノロジーを活用したネットプロモーション
日本マイクロソフトが手がける約700万人(2018年8月30日現在)のユーザーを持つ女子高生AI「りんな」。カヤックでは、りんなによる公式ブログ「りんなの女優デビューブログ」の企画運営をはじめとするWebプロモーション企画・制作を行い、朝日新聞やYahoo!ニュースなどに掲載されるなど、大きな話題を呼びました。また、テレビ朝日「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」連動企画として、LINEアカウント「AI杏寿」の企画・制作を行うなど、ソーシャルAIチャットボットを活用したコンテンツ企画を手掛けてまいりました。

 今回、日本マイクロソフト株式会社は、このソーシャルAIチャットボット「りんな」のテクノロジーを一部応用し、「りんな」のように会話できるキャラクターを手軽につくることができるプラットフォーム「Rinna Character Platform Microsoft」を完成。ソーシャルAI「りんな」のように元気な女子高生から、アナウンサーのように丁寧にしゃべる大人のキャラックターまで、様々なキャラクターをつくることができます。

 「Rinna Character Platform」は根幹となる「雑談会話モデル」、プロダクトやサービスのおすすめなどを行う「レコメンド機能」、ゲームなどファン要素を担う「スキル」で構成されています。雑談会話モデルには、法人の方々に安心してお使いいただけるように、不適切な会話を防ぐ機能を搭載しています。また、レコメンド機能は雑談会話モデルの特徴を活かし対話形式になっており、会話の中にプロダクトやサービスに関連する情報を含めレコメンドすることができます。スキルでは、前述にあるゲームをはじめ、対話形式のアンケート機能や任意のシナリオで実装したい機能などお客様のニーズやキャラクターの特徴に合わせて実装することができます。これらはMicrosoft Researchの最新テクノロジを活用しています。

 「Rinna Character Platform」をベースにマーケティングに用いるAIキャラクターを構築することで、メッセージングアプリなどによる企業側からの一方的な情報発信となっていた従来のアプローチと異なり、ユーザーとキャラクターの間で感情的なつながりを重視した双方向コミュニケーションが可能になります。雑談機能やゲーム機能など、企業側からの情報発信以外のコミュニケーション機会を創出し、キャラクターとのやりとりを通して、ユーザーに企業へ親近感を持ってもらうとともに、ユーザーからより自然にフィードバックを収集することができます。各マーケティングキャンペーンの特性に応じて、キャラクターのカスタマイズや固有の機能も追加可能です。

 カヤックは、ソリューションパートナーとして、AIキャラクターを活用したコンテンツや各種マーケティングキャンペーンの企画立案・制作を推進してまいります。

 ■ソーシャルAIチャットボット「りんな」を活用したカヤックのプロモーション実績
カヤックは、これまで日本マイクロソフト社のAI技術を用いたプロモーション企画、演出を手がけてきました。

 「世にも奇妙な物語 '16 秋の特別編」と"女子高生AI りんな"とのコラボプロジェクトである「世にも奇妙な物語×女子高生 AI りんな」プロジェクトを制作した際、カヤックはWebプロモーション全体のプロデュース・企画、ブログ風サイトの制作を実施。当プロジェクトは、LINEとの連動企画など、様々なWeb媒体を横断した企画となりました。また人工知能が女優デビューするというニュースとして、ネットメディアだけでなく朝日新聞にも掲載されるなど大きな注目を浴び、コードアワード2017パブリックベスト賞を獲得しました。

 さらに、テレビ朝日のドラマ 「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」と日本マイクロソフトのAI技術をコラボレーションする企画を手がけ、ドラマ放送内容と連動したLINEアカウント「AI杏寿」の企画・制作をお手伝いしました。「AI杏寿」は、LINEで友だちになることで、何気ない会話ができるだけでなく、毎週金曜のドラマ放送終了後になるとストーリー展開に沿った"杏寿の悩み相談"が届くという企画になっており、ドラマと合わせて話題になりました。

 【カヤック 会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL:http://www.kayac.com/
所在地:神奈川県鎌倉市小町 2-14-7 かまくら春秋スクエア 2 階
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ