PR

ニュース 経済

消費改善の3地域引き上げ 8月、中国は豪雨で下げ

Messenger

 内閣府は30日、8月の地域経済動向を発表した。全国12地域のうち、個人消費の改善などの状況を反映して北陸、四国、九州の景況判断を前回5月調査から引き上げた。一方、中国は西日本豪雨の影響で引き下げた。残る8地域は判断を据え置いた。

 北陸は自動車の販売が好調だったほか、医薬品や半導体製造装置などの生産が増えた。四国はスーパーで飲食料品の販売が伸びた。九州は乗用車やスマートフォン向け半導体集積回路(IC)の生産が高水準で、訪日外国人旅行者による消費も堅調だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ