PR

ニュース 経済

RCEP閣僚会合開幕 年内妥結へ関税引き下げなど14分野議論

Messenger

 日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が30日、シンガポールで開幕した。18の交渉分野のうち関税引き下げや知的財産保護など、まだ妥結していない14分野について集中的に議論する。年内妥結へ向け、立場の異なる国が歩み寄れるかが焦点だ。

 日本とASEANはRCEP閣僚会合に先立って経済閣僚会議を開催し、世耕弘成経済産業相が参加。ASEANは人工知能(AI)などの先端技術を使った産業の高度化を進めており、日本はASEAN各国の産業のデジタル化を支援し、新事業創出や生産性向上を助けると提案した。

 ASEAN10カ国と日中韓による「ASEANプラス3」の閣僚会合も開かれた。日本は29日にシンガポール、30日にはオーストラリアとインドの閣僚と2国間会談を開き、経済関係の強化を確認した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ