産経ニュース

【悼-いたむ-】カシオ計算機会長・樫尾和雄さん 築き上げた独自の視点

ニュース 経済

記事詳細

更新

【悼-いたむ-】
カシオ計算機会長・樫尾和雄さん 築き上げた独自の視点

カシオ計算機の樫尾和雄会長(6月18日死去) カシオ計算機の樫尾和雄会長(6月18日死去)

 58年の発売から1億本以上を出荷した耐衝撃腕時計「G-SHOCK(ジーショック)」はまず米国で人気を集めた。幸雄さんは「世界的ヒットにつながったのは、独自の拠点をしっかり築いていたから」と和雄さんの功績をたたえる。

 その後も世界初の液晶画面付きデジタルカメラなどを世に送る一方で、小型液晶や携帯電話の生産から撤退する見切りの良さも示した。3年前に社長を継いだ長男の和宏さんは「事業の採算性だけでなく、“カシオらしさ”を発揮して他社と差別化できるか否かが判断基準だった」と話す。

 今年1月に体調を崩すまで毎日出社し、次の革新的製品を気にかけ続けた。「決して現状に満足しない」(幸雄さん)人生を歩み抜いた。=6月18日、89歳で死去(山沢義徳)

「ニュース」のランキング