PR

ニュース 経済

経営者から二重保証4割 事業承継で銀行解除せず

Messenger

 中小企業が事業を承継する際、銀行が融資のために旧経営者から取得していた個人保証を解除せず、新経営者からも二重に保証を取るケースが4割弱に上っていることが25日、金融庁の調査で分かった。

 経営者の高齢化が進み、後継者不足に悩む中小企業は多い。銀行は融資先の倒産に備える慣行として個人保証を求めてきたが、負担が大きいことから承継ではなく廃業を選ぶ企業もある。

 金融庁が大手銀行や地方銀行など全国548の金融機関を対象に実施した調査によると、2017年10月~18年3月に事業承継があった取引先2万5732件のうち、二重の保証取得は36.3%の9349件だった。旧経営者の保証を解除し、新経営者からも取らなかったのは9.5%の2438件にとどまった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ