PR

ニュース 経済

大学生就職内定率9割迫る 8月、現行日程で最高

来春卒業予定の大学生らを対象にした企業採用選考が解禁。住宅大手の大和ハウス工業では学生が面接の説明を受ける=1日、大阪市北区(前川純一郎撮影)
Messenger

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は24日、平成31年春卒業予定の大学生の8月1日時点の内定率を前年同時点比3・8ポイント増の88・0%と発表した。人手不足を背景とした「売り手市場」の影響で企業が積極的に内定を出し、現行日程で最も高くなった。

 複数の内定を得た学生は前年比0・6ポイント増の64・8%で、1人当たりの平均取得数は2・42社に達した。リクルートキャリアの担当者は「学生を十分確保できなかった企業は秋にも募集する。内定取得者の約15%は、より志向に合った就職先を探して活動を続けるようだ」と指摘した。

 内定率の内訳は、文系が85・8%、理系は93・1%。男性89・8%、女性86・0%だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ