PR

ニュース 経済

ガスト・吉野家・はなまる、外食ライバルが異例の協業 合同定期券を販売

合同定期券の販売を発表する(左から)吉野家の河村康貴社長、すかいらーくレストランツの崎田晴義社長、はなまるの門脇純孝社長=23日、東京都中央区(平尾孝撮影)
Messenger

 外食大手として競合するすかいらーくと、吉野家ホールディングスが、合同の集客キャンペーンを展開する。すかいらーく系でファミリーレストラン「ガスト」を展開するすかいらーくレストランツ(東京都武蔵野市)と、吉野家HD傘下の牛丼の吉野家(東京都中央区)と、うどんのはなまる(同)の3社は23日、全国の各店舗で使える合同定期券を販売すると発表した。競合する外食チェーンがグループを超えて集客で連携するのは初だ。

 1枚300円で販売する合同定期券を使えば、ガスト、吉野家、はなまるでそれぞれ割引などを受けられる。吉野家では、1食毎に80円引きになり、テークアウトでは最大3食分まで利用できる。はなまるではうどん1杯に付き天ぷら1品が無料になる。ガストでは1回の会計で100円引きになる。このため、3~4回の来店で元が取れる計算だ。

 今回、定期券は各チェーンの店舗で8月27日から発売し、使用期間は9月10日から10月21日までとしている。

 もともと、同じグループの吉野家とはなまるで合同定期券によるキャンペーンを実施し、相互の集客効果が大きかった。このため、吉野家サイドから、他の外食グループへの参加を呼びかけており、これにガストが応えた格好だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ