PR

ニュース 経済

【米中貿易戦争】米国が制裁関税第2弾を発動

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は米東部時間23日午前0時(日本時間同日午後1時)すぎ、中国の知的財産権侵害への対抗措置として制裁関税の第2弾を発動した。新たに年160億ドル(約1兆7600億円)相当の中国製品に25%の追加関税を課し、第1弾と合わせた制裁規模は約500億ドル相当。中国も同規模の報復関税を実施する方針で、米中の「貿易戦争」が激しさを増すのは避けられない。

 今回の制裁関税は、不公正貿易に対する一方的な制裁を認めた米通商法301条に基づく措置で、化学製品やハイテク電子部品、鉄鋼製品など279品目が対象となる。中国は報復として、米国の主要製品の自動車に加え、石油関連や鉄鋼製品など333品目を対象とした。

 トランプ政権は6月、中国からの物品の輸入額の約1割にあたる年500億ドル相当の中国製品に25%の追加関税を課すことを決め、7月6日に発動した第1弾で340億ドル相当に追加関税を課した。これに対し中国も同額規模の米製品に追加関税を課して対抗した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ