PR

ニュース 経済

【決済革命 消える現金】(2)キャッシュレス先進国 中国のモバイル決済額は3300兆円 露店もモバイル…筒抜けになる個人情報

Messenger

 「最近では現金窓口に来るお客さんは1日あたり数十人。長い行列もなくなったね」。中国4大国有商業銀行の一つ、中国工商銀行の上海市の支店。米ドルなどの外貨を人民元に両替しに訪れると、窓口の行員はこう語った。

 金融関係者によると、4大商銀だけでこの2年間に、少なくとも5万人の人員が削減された。「(現金を使わない)キャッシュレス社会が浸透し、都市部では個人向け現金窓口の需要があっという間になくなった」という。

 中国の電子商取引(EC)大手アリババグループが運営する電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」などの利用者は延べ約12億人。中国人民銀行(中央銀行)の調べで、2017年のモバイル決済(スマートフォンなどによる電子決済)額は前年比28.8%増の202兆9300億元(約3300兆円)に達した。人民銀の20日の発表によると、今年4~6月期も前年同期比60.2%増のペースで伸びている。都市部を中心に中間所得層の消費拡大の大きな波にも乗っかった。

¥ $ €

 中国ではそもそも個人の信用力を重視するクレジットカードがほとんど普及しておらず、支払いと同時に銀行口座から引き落とされるデビットカード型の金融サービスが先行した。そこにアリババなどが目を付けて、カードの代わりにスマホを使って決済するシステムを作り一気に広がった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ