産経ニュース

【日曜経済講座】人手不足で注目のキャリア層 45歳以上は現代版「金の卵」 フジサンケイビジネスアイ編集委員 大塚昌吾

ニュース 経済

記事詳細

更新

【日曜経済講座】
人手不足で注目のキャリア層 45歳以上は現代版「金の卵」 フジサンケイビジネスアイ編集委員 大塚昌吾

 日本総合研究所理事の山田久主席研究員は、50代前後のバブル経済期入社世代と40代後半の団塊ジュニア世代について、「重い人件費負担が大量リストラにつながった団塊世代に対する反省から、企業が成果主義の導入や昇進を遅らせる人事制度によって人件費を抑えてきた世代」と説明する。

 半面、バブル崩壊後の就職氷河期の採用抑制によって後輩社員の少ないこの世代は、「プレーイングマネージャーとして現場経験が長く、専門性が高い」(山田氏)のが特徴で、転職市場でも重用される理由になっている。

 そこで、働き方改革への取り組みを強化しているオリックスは、45歳以上の社員が「FA(フリーエージェント)宣言」によって、グループ内の希望部署に異動できる人事制度を新設した。今年10月の異動に向けて導入し、締め切りまでに想定の3倍以上の応募があった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人手不足で注目のキャリア層 45歳以上は現代版「金の卵」 フジサンケイビジネスアイ編集委員 大塚昌吾
  • 人手不足で注目のキャリア層 45歳以上は現代版「金の卵」 フジサンケイビジネスアイ編集委員 大塚昌吾

「ニュース」のランキング