産経ニュース

「先送り狙っているわけでは…」焦燥感強める日本 新通商協議、打開策見いだせず

ニュース 経済

記事詳細

更新


「先送り狙っているわけでは…」焦燥感強める日本 新通商協議、打開策見いだせず

 日米の新たな閣僚級貿易協議に臨む茂木経済再生相(右)とライトハイザー米通商代表部代表(手前左)=9日、ワシントン(代表撮影・共同)  日米の新たな閣僚級貿易協議に臨む茂木経済再生相(右)とライトハイザー米通商代表部代表(手前左)=9日、ワシントン(代表撮影・共同)

 自動車の輸入制限では世界貿易機関(WTO)への提訴なども視野に入る。だが、安全保障などを頼る米国との決定的な対立は避けたいのが本音だ。

 日米は9月下旬に想定される首脳会談までに、FFRで一定の成果を目指す。

 10日の協議終了後、茂木敏充経済再生担当相は記者団に「うまくいけば9月までに同じ球でキャッチボールできるようになる」と述べ、日米の歩み寄りに期待感を示した。だが、状況を打破する糸口は見通せず、日米首脳会談まで残された時間も少ない。(大柳聡庸)

このニュースの写真

  • 「先送り狙っているわけでは…」焦燥感強める日本 新通商協議、打開策見いだせず

「ニュース」のランキング