産経ニュース

東日本銀会長退任で「天下り」名実ともに終焉 金融庁、脱却促す

ニュース 経済

記事詳細

更新


東日本銀会長退任で「天下り」名実ともに終焉 金融庁、脱却促す

会見するコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の川村健一社長(右)と傘下の東日本銀行、大神田智男頭取(左)=10日、東京都中央区(林修太郎撮影) 会見するコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の川村健一社長(右)と傘下の東日本銀行、大神田智男頭取(左)=10日、東京都中央区(林修太郎撮影)

 天下りを放置していれば、旧大蔵省OBに手心を加えているとの批判を浴びかねず、地銀の“甘え体質”を払拭できないとの懸念もあったようだ。

 6月には、島根銀行で頭取や会長など取締役を16年にわたって歴任した田頭基典(たがしら・もとのり)取締役相談役が退任した。今後、旧大蔵省出身者が経営者として残る西日本フィナンシャルホールディングスや佐賀共栄銀行などについて、金融庁がどう判断するのかが注目されている。(飯田耕司)

「ニュース」のランキング