PR

ニュース 経済

東洋ゴムは純利益36%減 データ改ざんで特損計上

Messenger

 東洋ゴム工業が10日発表した平成30年6月中間連結決算は、最終利益が前年同期比36・2%減の70億円となった。免震ゴムのデータ改ざんに伴う特別損失が前年同期から大幅増加したことが響いた。売上高は3・3%減の1857億円だった。

 データ改ざん関連では、免震製品の交換や工事にかかる補償費が想定より膨らみ、計108億円を特損として計上した。今後の費用についても、現時点で合理的に見積もることは困難とし、追加計上する可能性があるとした。

 30年12月期の連結業績予想を下方修正し、売上高は従来見通しの4千億円から3950億円に、最終利益を290億円から220億円にそれぞれ引き下げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ