PR

ニュース 経済

【プロジェクト最前線】監視カメラの録画映像をスマホやパソコンで簡単に視聴 クラウド録画サービス「セーフィー」

「あらゆるメーカーや技術者と協業していきたい」と語るセーフィーの佐渡島隆平さん
Messenger

 企業のセキュリティー意識の高まりや、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)の普及を見据え、カメラとインターネットがつながる「ネットワークカメラ」市場が有望視されている。最新のクラウドや画像解析技術を使い、録画した映像をスマートフォン、パソコンで簡単に見ることができるサービスを運営するセーフィー(東京都品川区)も市場を牽引(けんいん)する“有望株”だ。

 クラウド録画サービス「セーフィー」の開発の直接のきっかけは、佐渡島隆平社長が平成26年春、新築した自宅に設置した監視カメラの性能について、最新の映像技術と比べて大きな隔たりを感じたことだった。「防犯カメラは高額にもかかわらず、静止画レベルの映像品質。しかも何か起こっても、いつでもどこでも映像を見られるわけではなかった」(佐渡島さん)

 佐渡島さんは、アウトドアスポーツ中の光景を撮影することに特化した小型デジタルカメラ「アクションカメラ」に着目した。「自宅の塀にこのカメラを設置し、臨場感あふれる映像を見ることができたら、誰もが欲しがるだろうな」と思いついたのだ。

 従来の監視カメラは、専門業者がネットワークなどの設定をしなければならなかったほか、録画機の交換を含めた維持コストがかかるなどの課題があった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ