産経ニュース

ぐるなび 立命館大と産学連携協定 食のデータベース構築へ

ニュース 経済

記事詳細

更新


ぐるなび 立命館大と産学連携協定 食のデータベース構築へ

ぐるなびの滝久雄会長(撮影・大橋純人)  ぐるなびの滝久雄会長(撮影・大橋純人) 

 飲食店検索サイト運営大手のぐるなびは9日、立命館大学(京都市中京区)と産学連携協定を結んだと発表した。地域の食材やメニューといったぐるなびの飲食店情報に関連した情報と、立命館大の人間工学やサービス工学の知見とを組み合わせ、地域の食文化や料理人の調理技術の継承に役立つ食分野のデータベースの構築を目指す。

 東京都内で同日行った記者会見で、ぐるなびの滝久雄会長は「食分野の領域での産学連携の成功例を目指したい」、立命館大の吉田美喜夫学長も「社会に新たな価値を創造し、未来の食産業に貢献するような存在になるよう尽力したい」とそれぞれ抱負を語った。

 立命館大は今春、食を学問領域とした食マネジメント学部を設立。2年ほど前からぐるなびと産学連携に向けた検討を進めていた。

「ニュース」のランキング