PR

ニュース 経済

燃費・排ガス検査不正 3社も不正発覚 日本の車、信頼損ねる恐れ

Messenger

 昨年12月にはスバルで燃費測定値の書き換え疑惑が浮上していた。今回の3社の不正は無効な測定値を有効としたケースで書き換えは含まれていないが、同じ検査に関するものだ。またスズキは平成28年にも不正な計測方法を採用した問題が発覚していたが、自浄作用は働かなかった。

 各社の再発防止策には現場で不正ができないように、測定に使うシステムを変更することなどが盛り込まれた。だが、鈴木氏が「部門間の壁や溝を取り除く」と説明したように、背景にある意思疎通の問題などに踏み込まなければ、同様の不祥事を繰り返してしまう懸念が残る。(高橋寛次)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ