PR

ニュース 経済

日米の新通商協議開始へ きょう(日本時間10日)初会合

日米の新通商協議(FFR)で想定される主な主張
Messenger

 日米両政府は9日(日本時間10日)、米ワシントンで新たな通商協議(FFR)の初会合を開く。米国は対日貿易赤字を問題視しており、検討している自動車輸入制限を取引材料に2国間の自由貿易協定(FTA)の交渉入りを求めるとみられる。日本は対米投資の拡大などの案を示して攻勢をかわす構えだが、米側の出方は読み切れず、難しい対応を迫られそうだ。

 日本からは茂木敏充経済再生担当相、米国からはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が出席する。協議は9日のみの予定だが、10日までの2日間に延長される可能性がある。

 事務レベルでの事前調整はほとんど行っておらず、協議は両閣僚による「ぶっつけ本番」(政府関係者)になる見通しだ。FFRの通称は自由(Free)、公正(Fair)、相互的(Reciprocal)の頭文字を取っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ