PR

ニュース 経済

現場に規律の緩みとスズキ 不適切検査、社長が謝罪

 不適切検査が発覚し、記者会見で謝罪するスズキの鈴木俊宏社長(手前から2人目)ら=9日午後、東京都千代田区
Messenger

 スズキは9日、新車の燃費などの測定を巡り不適切な検査があったことを公表し、原因について、検査に詳しい管理職が工場に配置されておらず、現場に規律の緩みがあったと説明した。

 鈴木俊宏社長は同日午後に東京都内で記者会見し、車の不適切検査について「みなさまに多大なご迷惑をお掛けし、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。スズキによると、不適切検査があったのは、いずれも静岡県にある湖西工場(湖西市)、相良工場(牧之原市)、磐田工場(磐田市)の3工場だった。

 不適切検査の対象となった車種は生産を終了したものも含め計30車種という。

 出荷前の車を対象とした排ガスや燃費測定試験を巡っては、SUBARU(スバル)と日産自動車で不正行為が見つかり、国土交通省が車メーカー各社に社内調査を指示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ