PR

ニュース 経済

2年限定の「垂直立体公園」、銀座・ソニービル跡に9日開業

東京・銀座の旧ソニービルを改装し、一般開放される「銀座ソニーパーク」
Messenger

 ソニーは8日、東京・銀座に9日から平成32年秋までの期間限定で開業する「銀座ソニーパーク」を報道陣に公開した。数寄屋橋交差点前のランドマークとして半世紀にわたり親しまれ、昨年3月閉館したソニービル跡地を利用。地上1階地下4階の「垂直立体公園」として体験型イベントや音楽ライブなどを開く。

 同施設はソニービルの特徴的な構造を残しながら、上層階を建てず地下3階まで吹き抜けにした開放的なデザイン。「変わり続ける公園」をテーマに、多彩な催しを開ける共有スペースを各階に設けた。

 地下2階には無料のローラースケート場を来月24日まで設け、プロのパフォーマンスやディスコイベントを開催。「ソニーのDNAである“遊び心”を発信していきたい」(永野大輔ソニー企業社長)といい、今後は沖縄の海の生き物1千匹を集めた水槽の展示などを予定している。

 また地下4階には、キリンビールのクラフトビール子会社であるスプリングバレーブルワリーが新形態の店舗「ビア・トゥ・ゴー」をオープン。訪日外国人を含め、幅広い層に日本発のクラフトビールをアピールする狙いだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ