PR

ニュース 経済

「南郷トマト」など地理的表示登録 福島県産品で初めて

 地理的表示(GI)保護制度の対象に加わった南郷トマト
Messenger

 農林水産省は6日、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)」制度の対象として、新たに福島県の「南郷トマト」など4つの産品を登録したと発表した。福島県産品がGI登録されるのは初めてで、原発事故に伴う風評被害の払拭に向けた力となりそうだ。

 南郷トマトは同県南会津郡の特産品で糖度が高く、しっかりとした食感が特徴。夏から秋にかけて収穫される。このほか「ヤマダイかんしょ」(宮崎県)と「岩出山凍り豆腐」(宮城県)、「岩手木炭」(岩手県)が登録された。7日には、各登録生産者団体に登録証が授与される。

 GIは伝統的な生産方法や生産地の特性を生かした産品の名称を知的財産として登録・保護する制度。使用を認められた生産者だけが識別用マークをつけて販売できる。今回の措置でGI登録産品は66に増えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ