産経ニュース

日銀の黒田総裁「緩和の持続性増す」 金融政策の枠組み強化

ニュース 経済

記事詳細

更新


日銀の黒田総裁「緩和の持続性増す」 金融政策の枠組み強化

金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦・日銀総裁=31日午後、東京都中央区(宮川浩和撮影) 金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦・日銀総裁=31日午後、東京都中央区(宮川浩和撮影)

 「単に長く続けますというだけでは、金融政策に対する信認を確保できない」

 日銀が大規模緩和を始めて5年がたち、国内では超低金利が続く。金融機関は利ざや(貸出金利と預金金利の差)が縮小して経営体力が低下し、国債市場の取引も低調だ。物価予測を勘案すると、強力な緩和を今後も3年は続けることになる。政策の持続性を保つためにも、金融機関や国債市場への配慮が必要だった。

 「(先行きの)経済や物価の不確実性を踏まえて、当分の間、低い金利を約束したことが重要だ」

 今回、政策修正に踏み切ったのは今後の世界経済のリスク懸念も背景にある。米国発の貿易摩擦の影響などもあり、来年にも世界経済が後退局面に入るとの見方もある。国内では来年10月には消費税増税が予定される。景気が悪くなると日銀が政策を調整するのは難しくなるだけに、動けるタイミングは限られていた。だが、今の緩和を続けるだけで、本当に2%の物価目標を達成できるかには不透明感が残る。

「ニュース」のランキング