PR

ニュース 経済

緩和の副作用で銀行苦境 物価2%達成へ長期戦

Messenger

 アベノミクスの牽引(けんいん)役として脚光を浴びた大規模緩和も、負の側面が顕在化すれば逆風にさらされる。緩和の長期化を迫られる以上、副作用対策は避けられない選択だった。

 一方、日銀は今会合の公表文で「当分の間、現在の極めて低い長短金利水準を維持することを想定している」との政策金利の指針を初めて明記した。2%目標の旗を降ろさず、大規模緩和の継続を市場に約束する狙いがある。

 長期金利を「0%程度」に抑える誘導目標を引き上げる本格的な政策変更に踏み切れば、海外通貨を円に交換し利子を稼ぐ動きが強まるため、円高が進んで輸出企業の収益が圧迫され景気を冷ましかねない。誘導目標は維持しつつ、金利上昇を一定程度容認した今回の修正は大規模緩和の“弥縫(びほう)策”にすぎないともいえる。「2%目標は高すぎる」との声も上がる中、どこまで緩和を継続できるのか。日銀の政策運営への信認維持の道も険しさを増している。(田辺裕晶)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ