産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


財務省人事、迷走3カ月も結局“本命” 主計局の牙城守る

 異例の空席が3カ月間続いた財務省の事務次官ポストは結局、「大本命」の岡本薫明主計局長が昇格する形で決着した。この間、候補には浅川雅嗣財務官、星野次(つぐ)彦(ひこ)主税局長の名が浮上し、報道も迷走。だが、森友学園問題への世論の批判がピークを越えたという安倍晋三政権の判断も追い風となり、財務省主計局は最終的に、同省トップである次官ポストの“牙城”を守り抜くことに成功した。(財務省問題取材班)

 「岡本氏は組織運営の中核を担ってきた。財務省の再生にもふさわしい」。麻生太郎財務相は27日の記者会見でこう説明した。

 従来の人事慣行に従えば岡本氏が次官となるのが順当だった。主計局長がそのまま次官に昇格することが通例だからだ。ネックは昨年2月、財務省で森友学園をめぐる決裁文書の改竄が始まったとき、岡本氏が国会対応の責任者である官房長だったことだ。

 政府内ではもともと「改竄は理財局という一部局が手がけたことで、官房長は把握できない。次官就任見送りはかわいそうだ」(幹部)との声が強かった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 財務省人事、迷走3カ月も結局“本命” 主計局の牙城守る
  • 財務省人事、迷走3カ月も結局“本命” 主計局の牙城守る

「ニュース」のランキング