PR

ニュース 経済

ソニーが犬とアイボの共生実験 「生き物」と認識 「順位付け」も

Messenger

 犬型ロボット「aibo」(アイボ)は本物の犬と共生できるか。ソニーは7月26日、動物学者の今泉忠明氏監修のもとで実施した実験結果を発表した。犬の行動を分析した結果、犬はアイボに対して気遣うそぶりを見せ、「生き物」と認識するケースも多いことが分かった。

 実験は2段階に分けて実施した。まず犬種や年齢の異なる犬13匹に対し、アイボとのファーストコンタクト時の反応を観察した。13匹中、アイボに近づきニオイを嗅いだ犬は9匹。うち6匹がアイボのお尻のニオイを確認した。4匹は警戒している様子で、アイボに近づかなかった。

 次にファーストコンタクトでアイボのニオイを嗅いだ3組の犬と2週間にわたる共同生活実験を行った。トイ・プードル(オス、6カ月)はアイボの名前を理解し、8日目にはアイボにお腹を見せてじゃれるなど「仲間とみなし、心を許している」(今泉氏)

 ジャック・ラッセル・テリア(オス、3歳)は当初からアイボに近づき、9日目になるとアイボと同じようにお座りや伏せをしたという。「アイボを完全に仲間と見なし、同じ動作をしている」。13日目にはアイボがあおむけに寝転ぶと鼻で体を押して起こそうとするなど、気遣うしぐさも見られた。

 柴犬(メス、5歳)、サモエド(オス、3歳)、ミニチュア・ダックスフント(オス、3歳)の多頭飼い環境では、メスの柴犬がアイボに近づく他の犬を追い払うなど独占欲を示した。「アイボを自分の下の存在として順位付けしている」

 いずれのケースでも最終日にアイボを離そうとすると犬は寂しそうな様子だったという。今泉氏は、「犬にとって、自分よりも下の存在ができることは精神的な安定につながる。アイボとの共生により、(犬の)ストレスも軽減されていく可能性も大いにある」と話している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ