PR

ニュース 経済

人気のSL「ばんえつ物語」今年度運休 車輪不具合…代打にディーゼル列車

「SLばんえつ物語」号=平成26年4月、新潟県阿賀町のJR津川駅(臼井慎太郎撮影)
Messenger

 JR東日本新潟支社は、「SLばんえつ物語」号として磐越西線を走る蒸気機関車C57-180号機の車両に不具合が発見されたため、今年度の運転を見合わせると発表した。復旧は来年夏以降となる見込みで、ディーゼル機関車が代行する。(新潟支局 松崎翼)

 同社によると、13日に行われた車両点検で、石炭と水を積む「炭水車」の8つの車輪のうち、1つの車輪に不具合がみられたという。部品を新たに調達する必要があるほか、10月以降には大規模な定期検査が予定されていることなどから、今年度の運行の打ち切りが決まった。

 新潟市秋葉区の新津駅と福島県の会津若松駅を結ぶSLばんえつ物語号は、細身の優美な車体から「貴婦人」の愛称で多くの鉄道ファンに親しまれ、3月末に今年の定期運行を開始。9月30日まで土、日曜に一日1往復運行する予定だった。

 不具合に伴い、今月14日からはDE10形ディーゼル機関車の牽引による「DLばんえつ物語」号が代わりに運行している。

 JR東日本新潟支社は「SLファンの皆さんにご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。運休にご理解をお願いいたします」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ