PR

ニュース 経済

「五反田バレー」発足 東京のベンチャー6社、米シリコンバレー目指す 

地元・東京都品川区の浜野健区長(左から3人目)を囲む五反田バレーに参加するベンチャー企業の経営者たち=25日、東京都品川区(松村信仁撮影)
Messenger

 東京・五反田に本社を置くベンチャー企業6社による相互支援団体「五反田バレー」が25日に発足した。資金調達や人材確保などの創業時の課題を相互に支援することで、シリコンバレーのようなベンチャー企業の集積地を目指す。

 同日、五反田がある地元自治体の品川区と協定を結び、地域の祭りやイベントにも参加するほか、区もベンチャーの持つ技術やサービスの実証試験の実施に協力する。今後は金融機関などとも連携し、進出したベンチャー企業に資金調達などで支援する。

 団体の代表理事には、AI(人工知能)を使った営業支援ツールを提供するマツリカの黒佐英司最高経営責任者(CEO)が就いた。黒佐氏は同日、東京都内での記者会見で、「スタートアップ(創業初期のベンチャー企業)なら五反田と言われるようなブランドにしていきたい」と語った。

 同団体には、マツリカのほか、クラウド会計のfreee(フリー)、個人のスキルをネット上で売買するココナラ、飲食店向け予約サービスのトレタ、監視カメラ画像解析のセーフィー、葬儀のマッチングサイト運営のよりそうが参加した。

 五反田は渋谷よりも賃料が安く、しかも東海道新幹線が発着する品川駅や羽田空港にも近いという交通利便性が評価され、ここ数年、ベンチャー企業が相次いで進出。少なくとも約40社が五反田周辺に本社を構えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ