PR

ニュース 経済

電子ペーパーに手書きメモ キングジムが開発、クラウドファンディングで資金募る 

電子ペーパーの画面にメモなどが書けるキングジムの「カクミル」=25日、東京都千代田区(柳原一哉撮影)
Messenger

 キングジムは25日、電子ペーパーの画面にメモを書いたりできる小型電子端末「カクミル」を開発したと発表した。ネット上で不特定多数から小口の資金を募る「クラウドファンディング」を通じて1000万円の資金を募り、来春の商品化を目指す。

 カクミルは幅9・3センチ、縦13・2センチ、厚さ4・1センチの大きさで乾電池で駆動する。白黒の画面(4・3インチ)に専用のペンを使って手書きのようにメモを書けるほか、カレンダーや時計などの機能を搭載した。スケジュール機能は、書き込んだ予定に合わせてアラーム通知の設定も可能だ。

 キングジムは消費者の需要や要望を探るためクラウドファンディングの活用を決めた。サイバーエージェント子会社のマクアケのサイトを利用する。10月末まで資金を募るが、目標額に達しなければ商品化を断念するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ