PR

ニュース 経済

【G20】通商戦略行き詰まり、財政・金融政策も打つ手限られ、日本経済に逆風

 貿易摩擦の激化で国内経済が低迷しても、日本の政策余地は限られる。政府は6月に決めた経済財政運営の指針「骨太方針」で、政策の経費を借金せずに賄う基礎的財政収支の黒字化目標を平成37年度へ5年先送りしたばかり。景気を刺激する財政出動は容易にはできない状況だ。

 日銀も大規模金融緩和を続け、その副作用が取り沙汰される。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは「日銀が追加緩和しても弊害は大きく、効果は限られる」と指摘する。

(大柳聡庸、ブエノスアイレス 蕎麦谷里志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ