PR

ニュース 経済

【G20】失われる「国際協調機関」の存在価値

 今回も米国に強い姿勢を示せなかった。今後、自動車の輸入制限など米国の「暴走」に歯止めがかからなければ、世界経済の減速は一層、現実味を帯びる。

 こうした事態に、国際社会は一致して対処すべき局面にある。来年のG20議長国は日本で、6月には大阪で首脳会議が開かれる。課題解決に向け、リーダーシップを発揮できるか手腕が試される。(山口暢彦、ブエノスアイレス 蕎麦谷里志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ