PR

ニュース 経済

検査局廃止で金融の先進技術化への対応強化 金融庁、新体制スタート

Messenger

 金融庁で17日、検査局の廃止などの組織再編が行われ、新体制が始まった。従来の「総務企画」「検査」「監督」の3局体制から、「総合政策」「企画市場」「監督」の3局体制に移行した。金融機関に処分を連発し「金融処分庁」とも呼ばれた体制を見直すことが狙い。また同日付で、森信親金融庁長官が退任し、後任に遠藤俊英監督局長が昇格した。

 金融機関への指導を行う監督局は金融機関の財務状況をチェックし、場合によっては立ち入り検査をしてきた検査局の業務も受け持つ。バブル崩壊で多額の不良債権に苦しんだ金融機関の問題が一段落したことから検査局は廃止となった。

 一方、総務企画局は総合政策局と企画市場局に分割された。総合政策局が金融行政の司令塔の役割などを受け持ち、企画市場局はフィンテックや仮想通貨など金融の先進技術化に備える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ