産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


東日本銀行に業務改善命令 金融庁 不適切な融資横行で

会見する東日本銀行の酒井隆常務(左)とコンコルディアFGの神沢健治郎常務執行役員=13日午後、東京都中央区(三尾郁恵撮影) 会見する東日本銀行の酒井隆常務(左)とコンコルディアFGの神沢健治郎常務執行役員=13日午後、東京都中央区(三尾郁恵撮影)

 各地の地銀は超低金利の長期化で経営が悪化している。なかでも東京の第二地銀はメガバンクを相手に競争を強いられており、東日本銀は年間2千件超の新規融資先獲得を目標に設定。都心にいくほどノルマが厳しくなっており、行員の焦りが不正の温床になった可能性がある。

 酒井氏は記者会見で獲得目標が過大との指摘は否定したが、「結果的に営業の人員を強化したことが、内部管理体制の不備につながった」と言及。営業部門に偏った行員配置で本部の管理部門が手薄になり融資の監督が不十分だったことが原因との見方を示した。

 ただ、根拠が不明確な手数料徴収は本部も把握していた。「顧客の同意を受けているので問題ないという認識だった」(酒井氏)といい、組織ぐるみでずさんな管理体制を放置したとの批判は免れない。厳しい事業環境は言い訳にできず、1カ月後には抜本的な見直し策の提示を迫られそうだ。(田辺裕晶)

「ニュース」のランキング