産経ニュース

【びっくりサイエンス】宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

ニュース 経済

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

宇宙での足湯を目指し、金沢工業大が2016年に提案した長靴型の「足湯装置『轟-Todoroki-』」の模型。右はお湯を注入するタンク(衛星設計コンテスト事務局提供) 宇宙での足湯を目指し、金沢工業大が2016年に提案した長靴型の「足湯装置『轟-Todoroki-』」の模型。右はお湯を注入するタンク(衛星設計コンテスト事務局提供)

 さらに遠大なアイデアもある。帝京大の「資源探査機『Blue Bird』」(第20回)は、太陽系の惑星で最も外側にある海王星と衛星「トリトン」を目指し、それぞれに向けて探査機を同時に打ち上げる。特にトリトンは燃料に使えるメタンが豊富とされ、地形や資源の分布、埋蔵量が分かれば利用につながり、遠い将来、太陽系外を目指す宇宙機がトリトンで燃料を満タンにできるとした。

 探査機の大きさは縦横2・5メートル、高さ5メートルと大型で、電源にはリチウムイオン電池と米探査機も用いたプルトニウム238を使用。打ち上げは軌道の関係から2039年11月8日に設定し、火星や木星を経て2048年5月2日に海王星に到着する。

最終審査は一般公開

 いずれも野心的なアイデアだけに、一つでも実現するときは、宇宙が今よりもずっと身近な存在となっているはずだ。これらを含む過去の入賞作品はコンテストのホームページ(http://www.satcon.jp/)に掲載されており、作品ごとに詳しく説明する「解析書」も添付されている。

 今年のコンテストは10月27日に福岡県久留米市で最終審査が行われ、一般にも無料で公開される。既に応募は締め切られて書類審査に入っており、どんなアイデアが見られるか今から楽しみだ。(科学部 小野晋史)

このニュースの写真

  • 宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア
  • 宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

「ニュース」のランキング