産経ニュース

【びっくりサイエンス】宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

ニュース 経済

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

宇宙での足湯を目指し、金沢工業大が2016年に提案した長靴型の「足湯装置『轟-Todoroki-』」の模型。右はお湯を注入するタンク(衛星設計コンテスト事務局提供) 宇宙での足湯を目指し、金沢工業大が2016年に提案した長靴型の「足湯装置『轟-Todoroki-』」の模型。右はお湯を注入するタンク(衛星設計コンテスト事務局提供)

太陽系外探査も視野

 小型衛星に限らず入賞作品はみな個性的で興味深いが、そのごく一部を紹介しよう。

 金沢工業大が提案した「足湯装置『轟-Todoroki-』」(第24回)は、近い将来建設されるであろう宇宙ホテルで、風呂好きの日本人が使うことを想定。長靴型のステンレス製だが、足を入れる部分は内側がシリコーンゴムなので密着し、水漏れを防ぐ。

 魔法瓶と同じ原理で保温効果を高め、足を入れた後に注射器のような器具でお湯を注入して暖まる。提案にあたり、学生6人で長靴による模擬実験を行って脳波を測定したところ、リラックス効果が確かめられたという。チームは「血行も良くなる」としている。

 また、群馬工業高専は「太陽炉を用いた火星での製鉄」(第21回)を提案。人類が火星に移住したら鉄が必要になるとし、火星の地表に比較的高い割合で含まれる酸化鉄と太陽光の熱で製鉄を行うとした。

 火星は地球よりも太陽から遠いが、口径2メートルほどの鏡をいくつか環状に並べて反射させた太陽光を集約することで、炉内の温度を1600度付近まで上昇させられるという。

 炉は直径28センチ、高さ44センチの円筒状で、重さ5キロの鉄を生成すると想定。ただし、設備の制約から製鉄といっても純度を高める精錬は難しく、一歩前の銑鉄の生成までだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア
  • 宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査…宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア

「ニュース」のランキング