産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


4K8K放送Q&A 衛星と光、お得な選択肢は

NTT東西の光回線を使ったテレビサービスで衛星4K8K放送への対応を発表したスカパーJSATの仁藤雅夫副社長=12日、東京都千代田区(大坪玲央撮影) NTT東西の光回線を使ったテレビサービスで衛星4K8K放送への対応を発表したスカパーJSATの仁藤雅夫副社長=12日、東京都千代田区(大坪玲央撮影)

 今年12月から始まる超高画質の衛星4K8K放送を楽しむために必要な設備や費用などをQ&A形式でまとめた。

 Q 4K8K放送の特徴は

 A 4Kはフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ。8Kは4Kのさらに4倍の解像度で、人の目が認識できる限界を超える鮮明さだ。実物を見ているような臨場感があるとされる。

 Q 視聴するために必要な機器や設備は

 A 衛星放送による視聴とインターネットの光回線を使った視聴、ケーブルテレビによる視聴の3通りでそれぞれ異なる。

 衛星放送の場合は、4K8Kに対応したテレビやチューナーのほか、宅内改修工事も必要。工事内容によっては費用の3分の2を総務省が補助する。光回線の場合は宅内工事やアンテナの設置は不要だが、テレビやチューナーのほか専用のアダプターが必要だ。ケーブルテレビの場合は、チューナーも不要。対応したテレビに、ケーブルテレビ事業者の提供する「セットトップボックス」と呼ばれる機器を接続するだけで視聴できる。

 Q 費用負担の目安は

 A NTT東西の光回線を使ったサービスの場合、月額千円程度までで可能だ。衛星放送で直接、視聴する場合は、アンテナ設置など設備や工事などの準備が必要だが、総務省関係者は「住宅環境などによって工事費用が異なるため一概には言えないが、2年間の費用総額を合計すれば、光テレビと衛星による視聴の負担はあまり変わらないのでは」と話している。

「ニュース」のランキング