PR

ニュース 経済

住めば愉快だ宇都宮 ~宇都宮の街を素材に、愉快なコトを仕掛けよう~ 宇都宮市民シティプロモーション支援事業、募集開始

Messenger

 宇都宮ブランド推進協議会
http://tiiki.jp/news/01_news/4026.html

 宇都宮市をはじめ、地域の経済・まちづくり団体や市民等で構成する宇都宮ブランド推進協議会は、平成30年度「宇都宮市民シティプロモーション支援事業」を平成30年7月11日(水)~8月10日(金)正午までの期間で募集いたします。

 本事業は、宇都宮ブランド戦略指針に掲げる「市民の誇りの醸成」と「市外からの憧れ(来訪意欲)」をより一層促進するために、市民自らが、新しい視点で宇都宮の魅力を発見・発信する事業で、波及効果が期待できる活動を支援いたします。

 <概要>
■支援内容:
(1) 補助金の交付 学生団体支援コースと事業者支援コースを設けています。(1団体につき1回限り)
 【学生団体支援コース】補助対象経費の9/10 上限50万円
 【事業者支援コース】補助対象経費の1/2  上限100万円

 (2) PR支援 宇都宮ブランド推進協議会や同協議会 市民シティプロモーション支援事業事務局((株)ブラ
  ンド総合研究所)のホームページのほか、宇都宮市のホームページや各種市政番組(ラジオ等)、プレス
リリース等。

 (3) 宇都宮市民シティプロモーションゴールドマークの交付 成果発表をもとに事業を完了した助成団体に交
付します。

 (4) 宇都宮市民シティプロモーションアドバイザーによる定期的な支援 事業実施に必要な人的ネットワーク
の紹介や、まちづくりやメディアなどの専門家からアドバイスを行うなどの支援を行います。

 ■対象事業:
・全国初や日本一、宇都宮オンリーワン、ギネスに挑戦など宇都宮の魅力を発見し、メディアの関心も惹きつけ
ることが期待できるような事業
・餃子やジャズ、カクテル、自転車、大谷石、農作物など宇都宮の地域資源について、新たな視点で活用し、ま
たそれらを連携させることによって、楽しさが10倍になるような事業
・事業主体が様々な広報媒体を活用し、宇都宮の魅力を全国に発信、拡散していくような事業。
・ブランドメッセージ「住めば愉快だ宇都宮」に相応しい「愉快な街」のイメージをさらに市内外に広めるよう
な事業。

 【期待する事業例】
・宇都宮の隠れた魅力を知ってもらうための宇都宮小ネタ帳の作成
・SNSを活用した宇都宮の魅力が全国へ拡散される取組
・日本遺産・大谷の魅力を広く発信するための事業 等

 ■募集期間:平成30年7月11日(水) ~ 8月10日(金)正午締切
※期間中は9時~17時まで受付(最終日は除く)

 ■応募申請書類: 応募申請書類は説明会で配布の他、以下ホームページからもダウンロードできます。
地域ブランドNEWS:(http://tiiki.jp/news/01_news/4026.html

 ■提出先:宇都宮ブランド推進協議会市民シティプロモーション支援事業事務局
(宇都宮市役所3F広報広聴課内)
〒320-8540 栃木県宇都宮市旭1-1-5

 ■実施主体:宇都宮ブランド推進協議会( 会長 古池弘隆(こいけひろたか))

 ■その他:事前募集説明会を開催します。
 平成30年7月23日(月)1.16時00分~17時00分 2.18時30分~19時30分
 ※内容はいずれも同じです。この説明会に参加しなくても申請は出来ます。詳細を説明しますので、
 ぜひご参加ください。
 場所:宇都宮アンテナショップ「宮カフェ」(宇都宮市江野町2-11)

 ■平成29年度 事業実施団体(参考)

 No.1
団体名:とちぎキャンパる倶楽部
事業名:宇都宮を舞台にした宇都宮大学生の手によるドラマ制作&SNS拡散事業
内容
・宇大生が「宇都宮愛」の詰まった動画コンテンツを企画、撮影し、拡散する事業。
・10~20代目線で宇都宮の魅力を、一話完結型のドラマ5本を制作し、若年層(特に大学生)に発信し、拡散す
 ることで新たな宇都宮ファンの獲得につなげた。

 No.2
団体名:株式会社ジェネックス
事業名:宇都宮市の産業活性化の答えは…起業だ!!
内容
・市内の経営者にインタビューを行い、起業のきっかけや起業に対する想いなどを動画にまとめて、未来の経営者(宇都宮市民)に対してメッセージを発信する動画制作事業。
・動画をきっかけに将来的に起業を目指す人が増えることで、地域活性化することを目指す。
・起業に興味がある人が一歩を踏み出すためのきっかけにしたい。

 No.3
団体名:株式会社みやもと
事業名:下野国司、藤原秀郷伝説『宇都宮の街ナカで百目鬼フィギュアを探せ!』
内容
・宇都宮の妖怪『百目鬼』をメインとした宇都宮中心地散策事業。
・観光客や地元の子どもたちをターゲットに宇都宮中心地散策マップの作成やイベントの開催,SNSでの発信を
 行った。

 No.4
団体名:とちぎドーナツの会
事業名:ドーナツ盤でドーナツ現象解決プロジェクト
内容
・ドーナツ盤(レコード)でドーナツ現象(中心街空洞化)解消を目的に、レコードを活用した町おこし事業。
・楽曲(酒場の開店ソング)を普及させ、中心街夜の賑わい創出を図り、各種イベントを行い,中心市街地空洞
 化に対する意識向上と街中への交流人口を増やす。
・リヤカーにDJセットを取り付けたDJ屋台で出張イベントを行うことや、宇都宮をドーナツの街として盛り上
 げるように、お酒に合うドーナツの開発を行い、商品化、協力店舗にて販売を行うなど、街中の魅力を創出。

 No.5
団体名:株式会社パルコ宇都宮店
事業名:【愉快市民登録1万人達成】にむけた県外PRキャンペーン
内容
・県外観光PRイベントの多面的なイベント開催事業。
・開業20周年を迎える宇都宮パルコのチャネルを最大限活用し、宇都宮市の観光資源PRを都内パルコ各店(渋 谷・津田沼・新所沢・吉祥寺・池袋)で展開し、県外の10~30代を中心とした世代に対し行い、若者達による
 SNS拡散を期待。

 【参考】
平成29年度 宇都宮シティプロモーション支援事業 採択団体
※昨年度は、応募団体9団体のうち5団体を採択

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ