PR

ニュース 経済

米中、6日に制裁関税 中国「米の発効後ただちに」 

Messenger
 記者会見する中国商務省の高峰報道官=5日、北京(共同)
 記者会見する中国商務省の高峰報道官=5日、北京(共同)

 【北京=西見由章】米中両国は6日、互いに相手国からの輸入品に追加関税を課す制裁措置を発動する。中国税関総署は5日、米国製品への追加関税措置について「米国側の追加関税措置が発効後ただちに実施する」との声明を発表した。米中が制裁措置を応酬することで、貿易摩擦がさらに強まることは必至だ。

 これまでは、両国が6日に制裁を発動した場合、時差の結果、中国が米国よりも半日近く先行するとの見方があった。中国当局は国際世論を意識し、形式上も“先制攻撃”となることを避けた格好だ。米国は現地の6日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に制裁を発動する。

 中国商務省の高峰報道官は5日の記者会見で、米国が発動する818品目、340億ドル(約3兆7600億円)相当の中国製品への追加関税のうち約59%にあたる200億ドル相当以上は米国を含む外資系企業が生産していると指摘。「米国は世界や自国を攻撃しようとしている」と批判した。

 米国は6月、中国による知的財産権の侵害を理由に7月6日から一部の中国製品に25%の制裁関税を課すと発表。中国も6日から同規模の対抗措置をとると応じていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ