産経ニュース

【経済インサイド】米国のベンチャーキャピタルが続々と日本上陸 〝不毛の地〟に起業家はぐくむ「土壌」をつくれるか

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
米国のベンチャーキャピタルが続々と日本上陸 〝不毛の地〟に起業家はぐくむ「土壌」をつくれるか

ベンチャー・カフェ東京の山川恭弘代表理事 ベンチャー・カフェ東京の山川恭弘代表理事

 日立製作所も提携企業の一つだ。従来は「研究開発を通じた自主開発が一番」という考えにこだわっていたが、スピード感に欠けてしまうとの反省に立ち、プラグ日本法人と手を組んだ。日立金融システム営業統括本部事業企画本部の長稔也担当本部長は「オープンイノベーションを通じ、金融の(抱える課題をITなどで解決する)デジタルソリューションを構築するのがわれわれの目的。プラグの豊富なネットワークで優秀なベンチャー企業を発掘できると期待している」と語る。

 一方、ベンチャー企業の新たな拠点として台頭が著しい虎ノ門ヒルズ(東京都港区)では、森ビルが、米シェアオフィス大手のケンブリッジイノベーションセンター(CIC)と提携し、起業家や大企業の担当者、投資家らをつなぐ交流プログラム「ベンチャー・カフェ」を開催している。

 CICは1999年にマサチューセッツ工科大(MIT)やハーバード大などがある米東海岸のマサチューセッツ州ケンブリッジで誕生。現在は世界6カ所でベンチャー・カフェを運営し、累計参加者は25万人に上る。

 東京では、約20人の大学生ボランティアスタッフが中心となって運営を進める。参加費は無料。ベンチャー・カフェはパネルディスカッションが軸だが、お酒も飲めるなど交流の許容範囲は広い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米国のベンチャーキャピタルが続々と日本上陸 〝不毛の地〟に起業家はぐくむ「土壌」をつくれるか
  • 米国のベンチャーキャピタルが続々と日本上陸 〝不毛の地〟に起業家はぐくむ「土壌」をつくれるか

「ニュース」のランキング