PR

ニュース 経済

質問に回答する事で自動的にナレッジを蓄積-社内Q&Aシステム「Qast」がβ版をリリース

Messenger

 any株式会社
any株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田 和史 以下、any)は7月4日、社内Q&Aサービス「Qast(キャスト)」(https://qast.jp/)のβ版をリリースした事をお知らせ致します。

 【Qastとは】 (https://qast.jp/
社内向けのQ&Aサービスです。社内の情報共有をオープンにする事で、これまで属人化していた知識・情報・ノウハウを社内の情報としてストックする事を目的としています。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/33337/2/resize/d33337-2-991640-3.jpg ]

 【開発の経緯】
社内の情報共有ツールとして、チャットツールや社内wikiを導入している企業が多い中、それぞれのツールに課題があります。
チャットツールでは重要な情報が埋もれてしまい、社内wikiでは自発的に投稿されない暗黙知が多いという点です。
利用者(社員)にとってはすぐに必要な情報にたどり着く事ができず、企業にとってはナレッジが蓄積されていないという状況に大きな課題を感じていました。
そこで、誰もが馴染みのあるQ&Aの仕組みを使い、質問に回答していく事によって自動的にナレッジが蓄積される状態を作るため、本サービスを開発するに至りました。

 【Qastの特徴】
1.極限までシンプルに
入社歴や職種に関係なく、どんな人でも簡単に投稿できるように設計されたデザイン。
装飾機能をあえて入れずシンプルにする事で投稿のハードルが下がり、これまで個人に閉じられていた情報がオープンになります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33337/2/resize/d33337-2-580195-4.jpg ]

 2.共感を可視化
自分の質問を他の人が同様に知りたがっているのか、自分の回答が誰かの役に立っているのかが可視化されます。質問者はどの質問で「解決したか」を選定できます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/33337/2/resize/d33337-2-307350-5.jpg ]

 3.知りたい情報が「見つかる」
Q&A形式によって必要な情報だけがストックされるため、簡単に知りたい情報にたどり着く事ができます。
検索機能はタイトル、本文、タグの中から部分一致でコンテンツを抽出し、最速で情報にアクセスできます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/33337/2/resize/d33337-2-361982-6.jpg ]

 【Qastの使い方】
社内手続きなど独自ルールの共有はもちろん、営業・マーケティングの成功事例の共有、カスタマーサポートの対応内容の共有まで、幅広くご利用いただけます。

 Qastは5月15日に事前登録を開始し、IT業界のみならず住宅メーカーや不動産業界など、既に30社以上の企業様からご登録をいただいております。
本日リリースされたβ版は、30日間無料でお試しいただく事が可能です。
https://qast.jp/price-01

 【会社概要】
企業名 any株式会社
代表者 吉田 和史
所在地 東京都渋谷区笹塚3-21-5 笹塚KNビル203
電話番号 03-6276-0076
設立 2016年10月3日
事業内容 Webサービスの企画、開発、運営
会社HP http://anyinc.jp/

 【本件に関するお問い合わせ先】
any株式会社
担当:吉田
お問い合わせ先 :info@anyinc.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ