PR

ニュース 経済

日本ご当地タクシー協会が発足 屋根に名物載せてアピール

琴平バス(高松市)のうどんタクシー。四国八十八カ所霊場巡りを希望する客の対応時には、お遍路かさのオブジェに“変身”する=3日、東京都江東区
Messenger

 香川や青森など8県のタクシー会社9社が3日、「日本ご当地タクシー協会」の発足を発表した。食べ物などのユニークなオブジェを屋根に載せたタクシーを走らせ、会員制交流サイト(SNS)などを通じ国内外に向けて情報を発信。多くの観光客を地方に呼び込み、「経済の活性化につなげる」(楠木泰二朗理事長=琴平バス社長)狙いだ。将来的には加盟社を広げ、全国47都道府県での運行を目指す。

 ドライバーは各社で独自に実施する認定試験に合格することが条件。ご当地グルメや観光スポット、地域の歴史について豊富な知識を備えており、観光ガイドの役割を果たす。北星交通(青森県弘前市)のアップルパイタクシーでは「桜こまち」と呼ぶ10人の女性ドライバーが誕生した。

 ビーイングホールディングス(金沢市)の金澤寿司タクシーではトロが載ったゲタ、観光タクシー(長崎市)のカステラタクシーでは、カステラのオブジェをそれぞれ搭載する。琴平バス(香川県琴平町)のうどんタクシーには、うどんの丼を載せ、四国八十八カ所霊場巡りを希望する客には、お遍路かさのオブジェを載せたタクシーを用意する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ