産経ニュース

【働き方改革法成立】「本当に残業は減るのか」サラリーマンら期待と不安

ニュース 経済

記事詳細

更新

【働き方改革法成立】
「本当に残業は減るのか」サラリーマンら期待と不安

 働き方改革関連法が29日成立し、日本型の労働慣行の歴史的転換点を迎えた。「本当に残業は減るのか」「業務内容が変わるのか」-。サラリーマンらは期待や不安を抱えている。

 東京都狛江市の男性会社員(25)は「サラリーマンにとってメリットが多い」と今回の改革を歓迎する。男性は月60~80時間の残業があり、業務に追われる同僚らの姿も見てきた。

 今回、残業時間に上限規制が設けられることで「これからの働き方について、会社側から何らかの方向性が示されれば。ただ、残業が減るとしても、今の業務内容がどう変化するかの説明はほしい」と語る。

 日本総研の山田久主席研究員は「日本では長時間労働が当たり前とされてきたが、産業構造の変化などでこうした働き方は見直しが求められている。今回の改革で残業時間の上限規制が盛り込まれるなど『労働条件の改善』『ワークライフバランスの実現』を図る最初の一歩となり得る」と評価。高収入の一部専門職を労働時間規制の対象外とする「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」についても「労働時間を自分で決めていくという意味で必要な制度」とし、「今後はきめ細かなルールや指針を作り、十分に実態を踏まえた運用を行っていくことが重要だ」と語る。

続きを読む

「ニュース」のランキング