産経ニュース

リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表9時5時勤務の終焉?世界中で70%の人がオフィス以外で勤務していることが明らかに

ニュース 経済

記事詳細

更新


リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表9時5時勤務の終焉?世界中で70%の人がオフィス以外で勤務していることが明らかに

 リージャス・グループ
世界96カ国、18,000人のビジネスマンを対象に「フレキシブルな働き方に関する意識調査」を実施

 世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG )(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、世界96カ国以上、合計18,000人のビジネスマンを対象にフレキシブルな働き方に関する調査を2018年1月に実施しました。

 新たに実施されたグローバル調査によると、世界のビジネスマンの3分の2以上(70%、日本では64%)が少なくとも週1日はオフィス以外の場所でリモート勤務をしていることが明らかになりました。さらに、週の半分以上リモート勤務をする人は世界のビジネスマンの半数以上(53%、日本では59%)、週5日、オフィス以外の場所で勤務している人は世界で10人に1人(11%、日本では13%)にのぼることが明らかになりました。これは、企業が自社のオフィススペースを計画する場合に、従業員がオフィスにいることを想定していた時代から、リモートワークを前提として、従業員がどこででも働けるようなよりフレキシブルなオフィススペースへと計画を移行する時期が、一気に加速したことを示しています。

 リージャスやSpacesなど、世界有数のワークスペースプロバイダーをグループ企業に持つIWGの今回の調査から、テクノロジーとデジタル化の進化という背景やグローバリゼーション、また従業員自身のニーズの大きな変化に伴い、モバイルワーカーが増加していることがわかります。

 リージャス・グループ(IWG)日本代表の西岡真吾は、次のように述べています。「世界中のあらゆる地域の人々にとって、もはや特定のオフィスで長時間過ごす必要はなくなっています。時代は、モバイルワーカーが主体になりつつあります。今回の結果から、日本においても世界と同レベルのモバイルワーカーが存在することが明らかになりました。このワークスタイルの変化は、全世界で、そして日本でもワークスペース環境を大きく転換することになります。企業は今、自社のワークスペースについて、戦略上の利点と財務上の利点を両面から考察を進めています。企業の固定的な不動産の考え方にどのような影響があるか、さらに注視しているところです」

 リージャス・グループ(IWG)の調査からは、フレキシブルな働き方を従業員に提供することで、企業が以下のような大きなメリットを認識していることも明らかになっています。
・フレキシブルな働き方は、自社のビジネスの成長を助ける
(世界の89%:2016年の67%から増加、日本の85%)
・フレキシブルな働き方は、自社の競争力を強化する
(世界の87%:2014年の59%から大きく増加、日本の74%)
・フレキシブルなワークスペースは、従業員の生産性を向上させる
(世界の82%:2013年の75%から増加、日本の67%)
・フレキシブルな働き方が、優れた人材の獲得、維持に役立つ
(世界の80%:2016年の64%から増加、日本の80%)
・フレキシブルな働き方が自社のビジネスの収益を最大化する
(世界の83%、日本の76%)

 何世代にもわたり、オフィスで働くということは、決まった場所で午前9時から午後5時まで勤務することだと考えられてきました。しかし現在、かつてないほど多くの企業が、全く異なる働き方のモデルを採用し始めています。企業と従業員の双方にメリットをもたらすモデルです。

 フレキシブルな働き方によって、通勤時間の削減だけではなく、生産性の向上やスタッフの維持、仕事の満足度や創造性の向上を実現できることが、リージャス・グループ(IWG)の調査から明らかになっています。さらに、企業に対し、財務/戦略上のメリットをもたらしています。

 リージャス・グループ(IWG)について
リージャス・グループ(IWG)は、ワークスペース革命をリードしています。グループ企業全体でプロフェッショナルなビジネスを支援し、生産性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、サービスを豊富に提供しています。
デジタル化や新しいテクノロジーによって、仕事のスタイルは変容しつつあります。働く人々は、生活と仕事のスタイルや場所を自由に選んで、個人としての生産性を高めたいと考えています。また、企業は、財務/戦略上のメリットを求めています。お客様もスタートアップ企業から中小企業、大規模な多国籍企業までさまざまですが、それぞれ独自のビジネス目標を掲げ、社員とともに向上心を持って業務に取り組んでいます。それに伴い、ニーズを満たすワークスペースやコミュニティが求められています。このように、豊富な選択肢が必要とされているのです。
IWGのグループ企業(リージャス、Spaces、Openoffice)が、世界各地でお客様に選択肢を提供しています。あらゆる規模の企業の皆様に、個人的、財務的、戦略的な価値をもたらします。世界有数の企業や著名な組織から、個人事業主や次世代の業界リーダーまで、すべてのお客様がフレキシブルな働き方のメリットを活用し、生産性、効率性、敏捷性、そして市場への近接性を向上させています。
転換点が、すぐそこに。ワークスペース革命が訪れようとしています。詳細については、www.iwgplc.comをご覧ください。

 日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国32都市、123拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。※1オープンが決定している拠点数は全国32都市、125拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。
公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

「ニュース」のランキング