PR

ニュース 経済

「中国はトランプ大統領の決意を過小評価」 米政権高官が中国製品に関税課す制裁措置を擁護

Messenger

 【ワシントン=塩原永久】米政権のナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)は19日の電話会見で、「(中国は)トランプ大統領の固い決意を過小評価してきた」と述べ、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に関税を課す新たな制裁措置を検討する政権の方針を擁護した。「中国はアメリカより失うものが多い」とも語り、厳しい対中政策を貫く姿勢を示した。

 米国が来月発動する対中制裁に対して中国が報復方針を表明したため、米政権は18日、2000億ドル相当に10%の関税を課す新たな制裁を発表した。ナバロ氏は、新たな制裁が、不公正な貿易取引に対抗する米通商法301条を根拠とするものになると明らかにした。

 またナバロ氏は、これまで米政権が協議を通じ、中国に貿易不均衡や不公正取引の是正を求めてきたが、「何の進展もなかった」と中国側の対応を批判した。

 米中間で報復が報復を呼ぶ貿易戦争となる懸念が高まるが、ナバロ氏は「これは貿易摩擦であり、それ以上でも以下でもない」と強調。トランプ氏と中国の習近平国家主席の関係は良好だと指摘し、「電話口はいつでも開いている」として交渉再開を拒まない考えも示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ