PR

ニュース 経済

ゆうちょ銀からSBG副社長へ 「後継者候補」で決断

佐護勝紀氏
Messenger

 日本郵政グループのゆうちょ銀行副社長として運用を取り仕切ってきた佐護勝紀氏が、ソフトバンクグループ(SBG)の副社長に異例の移籍を決めるまでの経緯が19日、関係者への取材で明らかになった。佐護氏は昨年末、SBGの孫正義会長兼社長から直接「後継者候補だ」とスカウトされてSBG入りを決めたという。

 孫氏は20日に開かれるSBGの株主総会で、佐護氏の運用手腕への期待などを表明するとみられる。佐護氏の副社長就任は総会後の取締役会で正式に決まる。

 関係者によると、佐護氏とSBGとの関わりは、昨秋にSBG側からゆうちょ銀に10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」への出資を持ちかけられたことが発端だという。当初、佐護氏は前向きに出資を検討していたが、佐護氏が相談した日本郵政の長門正貢社長がストップをかけた。

 その理由は、日本郵政とソフトバンクが平成27年に郵便局のネットワーク開発をめぐってお互いに提訴し合った異例の訴訟だ。「孫氏とは付き合うなという空気は依然として郵政グループ内にあった」(郵政グループ幹部)

 それでも佐護氏が移籍を決めたのは、もともと3年ほどで退任する考えがあったことに加え、孫氏からの熱烈な“ラブコール”があったからだという。佐護氏は孫氏から要請されたビジョン・ファンドの運用責任者の役割は断ったが、副社長最高戦略責任者(CSO)として投資を統括する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ