PR

ニュース 経済

民泊関連ビジネス商機 コンビニ・損保・警備…異業種続々

Messenger

 三井住友海上火災保険は、事業者向けの賠償保険を既に発売済み。宿泊者の行為に対する補償を柔軟に設定できる。あいおいニッセイ同和損害保険は15日、民泊事業者向けの新商品の販売を始めた。騒音などによる近隣住民からの賠償請求などにも対応する。

 警備会社は、見守りや管理に関連したサービスの提供を始めた。セコムの新しいサービスは、需要の高い火災の監視と非常時の駆け付けに特化した。

 民泊物件の開発を手掛ける関西の企業は「32年には十数件が開業できる見通しで、検討中の案件は110件。手応えは感じている」と話す。

 物件の届け出は低調だが、専門家の間では「民泊市場は数年で現状より拡大し、求められるサービスはどんどん変化していくはずだ」と予測する声も上がっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ