PR

ニュース 経済

独自の音場創生技術とAI技術とを融合した革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」を新搭載した上級モデル ヤマハ AVレシーバー 『RX-A3080』 『RX-A2080』 『RX-A1080』

Messenger

 ヤマハ株式会社
シネマDSP HD?、Dolby Atmos(R)*1&DTS:X(TM)*2にも対応したハイクラスAVレシーバー

 ヤマハ株式会社は、独自の音場創生技術とAI(人工知能)技術とを融合して視聴コンテンツのシーンに応じた音場効果を自動的に創出する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI(サラウンド エーアイ)」を新たに搭載したハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」の第8世代モデルとして、11.2chプリアウト対応9.2chモデル『RX-A3080』、9.2chモデル『RX-A2080』および7.1chモデル『RX-A1080』の3機種を8月下旬より全国で発売いたします。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-169384-0.jpg ]

 [画像2: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-843342-1.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-381416-3.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-889992-5.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-237601-6.jpg ]

 *1:Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)=ドルビーラボラトリーズ社が開発した3次元サラウンドフォーマット。
*2:DTS:X™(ディーティーエス エックス)=DTS社が開発した3次元サラウンドフォーマット。

 <価格と発売時期>
品名/モデル名/色/本体価格/当初月産予定台数/発売時期
AVレシーバー/RX-A3080/(H)チタン、(B)ブラック/280,000円(税抜)/5,000台/8月下旬
AVレシーバー/RX-A2080/(H)チタン/200,000円(税抜)/500台/8月下旬
AVレシーバー/RX-A1080/(H)チタン、(B)ブラック/140,000円(税抜)/8,000台/8月下旬

 <製品の概要>
今回発売する『RX-A3080』『RX-A2080』『RX-A1080』は、3次元立体音場創生の最高峰「シネマDSP HD³(エイチディ キュービック)」や計24種類の充実したシネマDSP音場プログラム、64bitプレシジョンEQ*1採用の高精度「YPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)」など、ハイエンドモデルの開発成果を盛り込んだハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」の第8世代モデルです。独自の音場創生技術とAI(人工知能)技術とを融合した革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」を新たに搭載することで、視聴するコンテンツのシーンごとに最適化した音場効果を自動的かつリアルタイムに創出。常に理想的な音場効果でコンテンツへの没入感を最大化することが可能となりました。さらに、Dolby Atmos(R)&DTS:X™と「シネマDSP HD³」または「SURROUND:AI」との掛け合わせ再生にも対応し、3次元サラウンドの潜在能力をいっそう大きく引き出します。加えて、DSD 11.2MHzダイレクトやAIFF/WAV 384kHz/32bit*2をサポートし、Deezer HiFiをはじめとする音楽配信サービスにも対応した高音質ネットワークオーディオ、Dolby Vision™*3やHybrid Log-Gamma*4などのHDR*5映像伝送が可能なHDMI端子も全機種に装備しています。

 *1:RX-A3080には64bitハイプレシジョンEQ、RX-A2080/A1080には64bitプレシジョンEQを採用しています。
*2:32bit floatファイルには非対応。また384kHz音源はRX-A3080がダイレクト再生、RX-A2080/A1080では192kHzダウンサンプリング再生となります。
*3:Dolby Vision™(ドルビービジョン)=ドルビーラボラトリーズ社が開発したHDR技術。
*4:Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ)=NHKと英国BBCが共同提案する放送向けHDR方式。
*5:HDR(ハイダイナミックレンジ)映像伝送=従来よりも幅広い明暗のダイナミックレンジを持つ映像信号の伝送を可能にする技術。

 <RX-A3080 主な特長>
1.臨場感
独自の音場創生技術とAI技術とを融合した革新的サラウンド機能「SURROUND:AI」

 [画像6: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-554926-9.jpg ]

 視聴するコンテンツのシーンに応じた音場効果を自動的に創出する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」を新たに搭載しました。視聴中のコンテンツに含まれるセリフやBGM、環境音、効果音などの音の要素に注目してAI(人工知能)がシーンの種類を自動的に分析し、視聴するコンテンツのシーンごとに最適な音場効果を創出。音場などの設定をユーザーが選択する必要がなく、常に理想的な音場効果でコンテンツへの没入感を最大化することが可能となりました。なお、この「SURROUND:AI」はDolby Atmos(R)またはDTS:X™(後述)との掛け合わせ再生にも対応しています。

 Dolby Atmos(R)&DTS:X™対応デコーダー(最大7.2.4chスピーカー構成まで対応)
Dolby Atmos(R)とDTS:X™、ふたつの3次元サラウンドフォーマットに対応したサラウンドデコーダーを搭載しました。個々の音を、頭上を含めた室内のどの位置にも定位または移動させ、3次元的な音響空間を自在に創り上げることのできるこの技術への対応により、リアルな包囲感や移動感を家庭のシアタールームで楽しめます。『RX-A3080』は5.2.2ch、5.2.4ch、7.2.2ch、7.2.4ch*の4種類のスピーカー構成に対応し、プレゼンススピーカーの設置位置は「フロントハイト」、「オーバーヘッド」、「ドルビーイネーブルドスピーカー」の3パターンから選択できます。

 *:7.2.4ch再生を行うには2ch分の外部パワーアンプが必要です。

 [画像7: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-520519-11.jpg ]

 シネマDSP HD³とDolby Atmos(R)&DTS:X™との掛け合わせ再生を実現

 [画像8: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-829323-12.jpg ]

 フロント/リアプレゼンススピーカーを含む最大11.2chスピーカー構成と、通常のシネマDSPを大きく上回る情報密度を駆使して、高さ方向を含む空間情報の完全再現を目指す3次元立体音場創生の最高峰、シネマDSP HD³(エイチディ キュービック)。そのシネマDSP HD³サラウンドプログラムと3次元サラウンドフォーマット(Dolby Atmos(R)およびDTS:X™)との掛け合わせ再生を実現しました。搭載のシネマDSP音場プログラムは計24種類で、3次元サラウンドを含む新旧さまざまなコンテンツに最適な音場を選択できます。さらに、既設のサラウンドスピーカーを利用して仮想のサラウンドバックスピーカーを生成するバーチャル・サラウンドバックスピーカー機能や、仮想のプレゼンススピーカーを空間上に生成するバーチャル・プレゼンススピーカー機能/バーチャル・リアプレゼンススピーカー機能*も装備しています。

 *:Dolby Atmos(R)およびDTS:X™信号はバーチャル再生されません。また、バーチャル・リアプレゼンススピーカー機能はフロントプレゼンススピーカー接続時に限り有効です。

 [画像9: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-291839-13.jpg ]

 より明確な視聴環境改善効果をもたらす64bitハイプレシジョンEQ採用の高精度「YPAO」
64bit演算によりイコライジング処理を高精度化した64bitハイプレシジョンEQなど、ハイエンドモデルの開発成果を盛り込むことで音の品位を高めた視聴環境最適化システム「YPAO」(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)を搭載しました。部屋固有の初期反射音を積極的に制御して視聴環境を最適化する「YPAO-R.S.C.*」、その計測結果に基づき再生時の周波数特性が音量に応じて聴感上フラットになるようにコントロールする「YPAO Volume」、各スピーカーの距離と方角、プレゼンススピーカーの高さを自動計測することで音場空間を立体的に補正する「YPAO 3D測定」を含む総合的な測定・補正プロセスによって、ハイトスピーカーの位置や仕様、室内環境によってサラウンド効果が影響を受けやすい3次元サラウンド再生の課題を克服。音の質的変化を最小限に抑えながら、より明確な視聴環境改善効果をもたらします。

 *:R.S.C.= Reflected Sound Control

 [画像10: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-363495-15.jpg ]

 2.高音質
ESS社製D/Aコンバーター「ES9026PRO」+「ES9007S」を採用

 [画像11: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-672659-16.jpg ]

 D/Aコンバーターには、さらなる高ダイナミックレンジと低歪率を追求したESS社製D/Aコンバーター「ES9026PRO」と、同じくESS社製の「ES9007S」を組み合わせて採用しました。ローム社との共同開発による高精度電子ボリューム、ルビコン社とのコラボレーションで専用に音質調整されたオリジナルPML(薄膜高分子積層)コンデンサーなどを駆使した入念な音質チューニングとも相まって、微小信号のより忠実な再現性を獲得しています。

 独自の機構設計ノウハウを集約したダブルボトム構造の制振・高剛性シャーシ

 [画像12: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-396598-17.jpg ]

 これまでヤマハが培ってきた機構設計のノウハウを集約し、理想の機械的強度と重量バランスを発揮する左右対称コンストラクション、H型クロスフレーム、リジッドボトムフレームにダブルボトム構造を組み合わせた本機専用の制振・高剛性シャーシを採用しました。AVENTAGE AVレシーバーの特長のひとつ、アンチレゾナンステクノロジー(Anti Resonance Technology)思想に基づく〈5番目の脚〉(底面中央の1脚)と特製メタルレッグ(〈5番目の脚〉を除く4脚)が、設置安定性を高めて筐体の共振を分散するとともに電源トランスの微細な振動をも抑制し、力強くフォーカスの合ったサウンドを再現します。

 ディスクリート9chパワーアンプ、4回路分離パワーサプライなどAVENTAGE最高基準の高音質設計

 [画像13: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-352819-18.jpg ]

 左右対称レイアウトのフルディスクリート構成9chハイパワーアンプ、デジタル入力信号の精度を高めるウルトラロージッターPLL回路、オーディオ入力部とD/Aコンバーター部との電位差を解消して微小信号の再生品位を高めるD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプトなど、AVENTAGE最高基準の高音質設計を採用しました。パワーサプライ部はオーディオ回路用、デジタル回路用、アナログ映像回路用、FLディスプレイ回路用をそれぞれ独立させてステージ間の相互干渉を防ぐ4回路分離型としています。給電経路を最短化してローインピーダンス化を徹底するとともに、音質に影響を与える磁場効果も給電レイアウトの工夫によりキャンセルすることで、音の瞬発力とリアリティをより向上させました。

 3.映像関連
HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応した7入力/3出力のHDMI端子

 [画像14: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-691236-19.jpg ]

 HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP2.2、4K/60p 4:4:4 映像信号のパススルー/4Kアップスケーリングに対応した7入力/3出力のHDMI端子を装備しました。広範な色域と大きく拡張されたダイナミックレンジによって華やかな色彩や豊かなディテールを再現する高画質技術「Dolby Vision™」、放送局が推奨するHDR方式「Hybrid Log-Gamma」、これまでのオーディオリターンチャンネル(ARC)機能に加えてロスレス音声やオブジェクトオーディオも伝送可能としたeARC*にも対応し、Ultra HD Blu-rayプレーヤーなど複数の対応機器を接続して画質を損なうことなく楽しめます。

 *:eARC=テレビと本機とを1本のHDMIケーブルで接続し、テレビに入力されたロスレス音声やオブジェクトオーディオを含むテレビ側音声を本機へ伝送できる機能。(ファームウェア更新により対応予定)

 4.ネットワークオーディオ機能
DSD 11.2MHzダイレクト、AIFF/WAV 384kHz/32bitダイレクト*、Apple Lossless 96kHz/24bitをサポートするハイレゾ再生
ジッターノイズの発生を大幅に低減してハイレゾ音源特有のデリケートな音の違いも忠実に描き分けるヤマハオリジナル・ネットワークモジュールを搭載したネットワークオーディオ部は、DSD 11.2MHzダイレクト、AIFF/WAV 384kHz/32bitダイレクト*、FLAC 384kHz/24bitダイレクト、Apple Lossless 96kHz/24bit再生をサポートします。内蔵Wi-Fiは新たに5GHz帯にも対応し、いっそう快適なワイヤレス音楽再生を実現しました。

 *:32bit floatファイルには非対応。

 Deezer HiFi、Spotify、radiko.jpに対応
約3,600万曲をCD相当(FLAC 44.1kHz/16bit)の高音質でストリーミング聴取できる高品位音楽配信サービス「Deezer HiFi*1」(ディーザー ハイファイ)をはじめ、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp*2」に対応。このうち、「Spotify」のストリーミング聴取は「Spotify Connect*3」(スポティファイ コネクト)機能を利用すればいっそう便利に楽しめます。

 *1:Deezer HiFiは月額制の有料サービスで、利用には別途契約が必要です。また本機でDeezer HiFiを聴取するには、ヤマハが提供する操作アプリ「MusicCast CONTROLLER」(無償)のインストールが必要です。
*2:radiko.jp(無料のエリア内聴取)とradiko.jpプレミアム(有料のエリアフリー聴取)に対応。使用には「MusicCast CONTROLLER」アプリのインストール、およびプレミアム会員登録(radiko.jpプレミアム利用時のみ)が必要です。
*3:Spotify Connectの利用には、Spotifyアプリ(無料)のインストールとSpotify Premiumアカウント(有料)への登録が必要です。

 5.ユーティリティ機能
Bluetooth 4.2規格に準拠したAAC対応Bluetooth(R)オーディオ機能

 [画像15: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-879242-20.jpg ]

 内蔵のBluetooth(R)オーディオ受信機能は新たにBluetooth 4.2規格に準拠しました。音声コーデックは標準のSBCのほか高音質のAACフォーマットにも対応しており、さらにBluetooth(R)対応ミュージックエンハンサーと組み合わせることで、高音域の情報量や低音域の明瞭度が失われがちな圧縮音声を効果的に補正(右図参照)。奥行きのあるクリアな音質を実現しています。なおミュージックエンハンサーはBluetooth(R)だけでなく、FM/AMラジオ放送などのアナログ音源や5.1chデジタルテレビ放送などのマルチチャンネル音源にも対応しています。

 聴き慣れたオーディオソースに新たな魅力を与えるハイレゾリューション・ミュージックエンハンサー

 [画像16: https://prtimes.jp/i/10701/212/resize/d10701-212-340210-22.jpg ]

 2chステレオの非圧縮(CD、WAV、AIFF)および可逆圧縮(FLAC、Apple Lossless)音声を最大96kHz/24bit分解能まで拡張処理するハイレゾリューション・ミュージックエンハンサーを搭載しました。ナチュラルな音質改善効果を目指した独自のアルゴリズムにより、CDなどの聴き慣れたオーディオソースに新たな魅力を与えます。

 聴く楽しさを家中に広げるヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」
家庭内に設置した複数のMusicCast対応音響機器の操作や、対応機器間での音楽コンテンツの共有などがひとつのアプリで行えるヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」(ミュージックキャスト)に対応しました。専用の「MusicCast CONTROLLER」アプリをお手持ちのスマートフォン/タブレットにインストールすれば、MusicCast対応機器*1と本機との間で音楽コンテンツの配信・共有・リンク(同期)再生を簡単に行うことができます。加えて、本機の電源をオンにすると、本機とリンクしたすべてのMusicCast対応機器の電源が連動してオンになり、アプリを立ち上げなくても共通のコンテンツを複数の場所で同時に聴くことができるトリガー再生機能も装備しています。

 *:対応機器などの詳細は当社製品サイトでご確認ください。https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/musiccast/

 別室で映画の続きを観たり、お好みのオーディオソースが聴けるHDMI対応アドバンスドゾーンスイッチング
メインルームと同じ、または別のソースを選んで別室のHDMI対応テレビやホームシアターにHDMI伝送したり、HDMI入力以外のオーディオソース(デジタル/アナログ音声、ネットワーク音声、FM/AMラジオ)を別室に伝送できるアドバンスドゾーンスイッチングを装備しました。各ゾーンの切り換えは本体またはリモコンのボタンのほか、専用アプリ「AV CONTROLLER」でも操作できます。さらにゾーン2/3については、メインゾーンで聴いているソースと同じものを常に再生する「メインゾーンシンク」入力に対応し、サブルーム側で入力切り替え操作をすることなくルーム間でのコンテンツ共有が可能なほか、ゾーン2で再生している音声を別のMusicCast対応機器でリンク再生できる「ゾーン2リンクマスター*」機能にも対応しています。

 *:「ゾーン2リンクマスター」機能はメインゾーンの電源がオフの状態でも使用できます。

 6.5年間の長期製品保証
長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より5年間のメーカー製品保証を標準で付与しています。

 ヤマハ AVアンプ製品サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

 ※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ