産経ニュース

三菱マテリアル社長が品質不正で引責辞任 代表権のない会長に 信頼回復に疑問符

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱マテリアル社長が品質不正で引責辞任 代表権のない会長に 信頼回復に疑問符

 直島製錬所の不正を4月に把握していたのに明らかにせず、今回の社長交代についても記者会見を開かないなど、説明責任の果たし方にも疑問符がつく。

 竹内氏は代表権を返上するが、引き続き取締役会長として経営に参画し、グループのガバナンス(企業統治)強化にかかわる指導・監督を担うとしている。副社長として竹内氏を補佐し、不正の調査にあたってきた小野氏にも責任の一端はある。経営陣の不祥事対応のまずさが目立つ中、信頼を回復するのは容易ではない。

 小野直樹氏(おの・なおき)京大卒。昭和54年三菱鉱業セメント(現三菱マテリアル)。常務などを経て平成28年6月から取締役副社長執行役員。愛知県出身。

このニュースの写真

  • 三菱マテリアル社長が品質不正で引責辞任 代表権のない会長に 信頼回復に疑問符

「ニュース」のランキング